ガルと愚零の無謀な野望

このブログはガルが仕事の合間をどれだけ縫えるかの挑戦と 愚零がどれだけイラストを速くかけるかで成り立っています。 …更新率常にピンチ?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

イロイロ考えます

ども、愚零です。

先週は月、火、水で仕事を一区切りつけ、木、金は無事に横浜まで祖母の葬儀に行ってきました。
久しぶりに会う従姉妹が母になっていたりで、イロイロと考えさせられました。

いろいろ頑張らないとね。
スポンサーサイト
  1. 2010/08/29(日) 17:32:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

頑張ろう!

愚零です。

今週の月、火、水で、一つのプロジェクトの成果を報告書にまとめないと
いけないことになりました。…自分ひとりで。

やれるんだろうか自分。

「あんたならやれる」と心の中のばあちゃんが言ってる気がします。
頑張ります!
  1. 2010/08/23(月) 00:14:26|
  2. 仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏につきものといえば。。。

またまた愚零です。

さっきの記事に書いても良かったんですが、夏といえば怪談!
ということで、愚零が昔コミケに行って体験した不思議な話を…(笑)
そんなにコワイ話では無いですよ~。

学生時代に、夏コミ3日間に遊びに行った時の話しですが、当時、あまりお金も無かったので、
コミケで買いものしたら、買ったものをコインロッカーに入れて、着替えを持って銭湯に行き、晩御飯を食べたら
会場の近くで野宿というのを友人と二人で、一度だけしました。

たしか二日目の夜のことです。もう今日の営業を終了した会場近くのモノレール駅にある階段で、その日は仮眠をとることに決めました。しばらくその場で話していると、友人がコンビニに買いものに行きたいと言い出したので、
人気の無い道を二人で歩きながらコンビニへ向かったのですが…。

しばらく歩いていると、ふと自分たちの前の道に落ちる影に違和感を感じ
「この影が三人になったらこえーな」と私が言うと
友人が「この状況でマジ怖いから止めてくれ」と言い笑いながら歩いていました。

さらにしばらく進むと、表通りに出るための階段が見えてきました(表通りよりも一段低いところを歩いてました)

が、この階段もの凄く近づきたく無い気配が…
霊感の強い友人も何かを感じたようで、階段の下まで来たとたんに、

二人とも無言でダッシュ!

階段を上りきるがまだダッシュ!表通りに出て、たむろっている人たちを見つけ、そこで、ようやく二人とも立ち止まり「ゼィハァ」と息を整えることに。

その後も無言でコンビにまで歩き、コンビニで買いものをしながら、やっと二人とも話し始めました。

「あの階段やばかったよな?」
「あぁ、戻る時はあそこを通るのは止めよう…」

そしてコンビニで買いものを済ませた二人は、再びモノレールの駅へ戻ることに。

帰りは違う道で帰ったのですが…歩いてる途中で友人が急に振り返り

「さっき、そこに、俺たちの方を見て手を振ってる人が居たんだけど、気になったから振り返ったら居なくなってた…」
「え…」

とりあえず気のせいだということにして、駅へ向かいました。
で、今度は私が…

(ん、駅の階段に誰か居る?・・・いや、気のせいか)
実際、階段に近づくと誰も居ませんでした。

で、しばらくジュースを飲んだりラクガキしたりしながら、話してたんですが、友人が眠くなってきたということで友人は眠りに。
2時間ほどして友人が起きたので、今度は私が寝ることに…。

すると、真っ白な世界の夢の中に、さっき階段で見た気がした人物が。
でもなぜか夢の中の私は全く怖がることも無く、彼と肩をならべて見えない椅子に腰掛け、彼とアニメや漫画について何だかんだと楽しく話し始めました(笑)

どれぐらいの時間話していたのでしょう…ふと彼が
「そろそろ時間だから俺はもう行くよ。ありがとう」
と言って、椅子から立ち、どこかへ行こうとしました。

「え、なんで?」
と私が思った瞬間、世界がチカチカッとフラッシュ。

その瞬間、私は目が覚めました。
目が覚めて分かったのですが、朝になり、駅が営業をスタートしたため、階段の蛍光灯が点灯したのです。

彼は私がもうすぐ起きる事を知ってたので、別れを告げたのでしょうか?

その後、友人に私たちに向けて手を振っていた人物はこういう人物ではなかったか?と夢の中でみた人物の特徴を伝えたところ

「何で知ってるの?」

と、言われました。
さてさて、私の体験は、ただ夢を見ただけだったのでしょうか?

どう判断するかは、あなた次第です。
  1. 2010/08/20(金) 00:28:25|
  2. 戯言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コミケ1日目に行ってきました!

ども、愚零です。

会社の夏季休暇中にコミケに遊びに行ってきました。
コミケ1日目に遊びに行くのに、朝イチの新幹線で東京に行って、その日の夜には帰ってくるとう強行軍でしたが…(苦笑)

いや、ホント、イベントに行くとかなり刺激されますねぇ。
かなり楽しかったですw

何か作品を作りたいって気持ちはあるけど、いまいちネタが出てこない今日この頃…。

コメント返事を追記に書いてます。
皆さんコメントホントにありがとう!
[コミケ1日目に行ってきました!]の続きを読む
  1. 2010/08/19(木) 23:47:59|
  2. 戯言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ガルと愚零

Author:ガルと愚零
ガル:1979/09/27生まれの神戸人
   仕事にかまけて絵を描け(か)
   ないひと
愚零:1979年07月30日に
   誕生した宝塚人
   引きこもって絵を描くことに
   憧れる社会人

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。